スポンサーサイト

  • 2017.08.08 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


暑くなってきました

環境省が推し進めてきた「クールビズ」が今年で開始から12年となります。
今年も環境省が推奨している実施期間は昨年と同様、5月1日〜9月30日となっており、すでに各企業でも取組みが始まっているようです。

環境省の推奨している室温28度という設定温度は、「空調の設定温度」ではなく、あくまで「室温」であるとしています。
冷房の設定温度を28度とすると、実際の室温はそれ以上になり、不快な暑さを感じる場合もあるかもしれません。
「午後は西日が当たりやすい」「オフィス機器が熱源となっている」など、職場の環境によって冷房の設定温度の調整が必要となるでしょう。

職場の状況に合わせて快適な職場環境を保ち、暑い夏を乗り切りたいものです。

とも社会保険労務士事務所 代表 塘 賢三
ホームページ http://tomo-sr.biz


平成28年の労働災害発生状況

厚生労働省は、平成28年の労働災害発生状況を公表しました。

平成28年については、死傷災害(死亡と休業4日以上)の発生件数は前年を上回ったものの、死亡災害の発生件数が前年を下回り、2年連続で過去最少となりました。

死亡災害の最も多い要因である「墜落・転落」対策として、平成27年に労働安全衛生規則が改正され、足場からの転落防止措置の強化が図られたことが要因の一つであると分析されています。

また、同省は、建設工事における設計段階での労働災害防止対策として、同分野の先進国であるイギリス、アメリカの実例調査に着手する計画です。
イギリスでは、建築物などの設計段階からあらかじめ施工作業の危険性を低減させるよう設計者が配慮することになっているようです。

労働災害による死亡者数は減少傾向にあるとはいえ、依然として1,000人弱の多くの尊い命が失われています。
より一層の安全対策の充実・強化が望まれます。

とも社会保険労務士事務所 代表 塘 賢三
ホームページ http://tomo-sr.biz


長時間労働の是正

厚生労働省は、平成29年度地方労働行政運営方針を示し、長時間労働是正などの働き方改革を強力に推進する意向を明らかにしました。
この運営方針に基づき各労働基準監督署や労働局において行政指導が行われます。

方針の一つである長時間労働の抑制については、時間外・休日労働が1か月80時間を超えている疑いのある事業場への監督指導などが強化されます。
5月からは、36協定違反や賃金不払いなどで書類送検された場合、厚生労働省のホームページ上で企業名等が公表されるようです。
公表されれば従業員の採用等において致命的な影響があると思われます。

働き方改革は政府全体の重要課題となっていますので、今一度自社の労働時間管理に問題がないかチェックすることをおすすめします。

とも社会保険労務士事務所 代表 塘 賢三
ホームページ http://tomo-sr.biz


雇用関係助成金の見直しについて

厚生労働省は、4月より、雇用関係助成金について大幅に見直しを行う予定です。

これまで雇用関係助成金は、種類が多く体系も複雑なため、あまり利用されない助成金があるなど問題がありました。

今回の見直しでは、最大4階層あった助成金の体系を最大2階層に整理し、利用が少ない高齢者関連や職業訓練関連助成金の一部廃止や、類似するものを中心に統合するなどして、分かりやすく再編されるようです。
また、新たに生産性要件を設定し、企業の財務諸表等の情報をもとに、3年前に比べて生産性が6% 以上伸びている場合には、一部の助成金を除き支給額が割り増しされることになりました。

これを機に、自社に合った助成金の活用を検討してみてはいかがでしょうか。
とも社会保険労務士事務所 代表 塘 賢三
ホームページ http://tomo-sr.biz


働き方改革

平成28年度も残すところあと1か月となりました。
4月1日を起算日として、時間外・休日労働協定(36協定)や変形労働時間制に関する協定を締結している事業所も多いかと思います。年度末で慌ただしい時期だとは思いますが、忘れずに協定し、行政官庁への届出を行いましょう。

現在、働き方改革の柱の一つである残業規制(時間外労働の上限規制等)につき、上限規制を新設し、違反企業に対する公表制度の充実を図るべく検討が行われています。具体的には、残業上限を年間720時間(月平均60時間)、月100時間とする案が浮上しています。

完全失業率が3.1%まで改善し、有効求人倍率は平成21年の過去最低0.42倍から急上昇し、昨年12月の数値では1.43倍と25年ぶりの高水準に達しています。売り手市場で人材確保が困難となり、残業管理も厳しく求められる中、いかにして生産性を高めていけるかが今後の重要な課題となりそうです。

とも社会保険労務士事務所 代表 塘 賢三
ホームページ http://tomo-sr.biz


労働関係法改正案

2017年がスタートし、早くも1か月が過ぎようとしています。

1月20日にスタートした通常国会に、厚生労働省は法律の改正案を提出しました。主な内容は、職業紹介の機能強化・求人情報等の適正化、雇用保険の失業等給付の拡充・保険料率の引下げ、育児休業期間の延長などです。

近年、求人票と実際の労働条件が異なることによるトラブルが増加しています。そのため、職業安定法を改正し、法令違反を繰り返す企業の求人不受理、虚偽申込みの罰則適用を行うというものです。
雇用保険料率は、法律案の内容が修正されずに国会で成立した場合、4月1日以降、労働者負担・事業主負担ともに1/1000ずつ引き下げられる予定です。雇用情勢の改善により、積立金残高が6兆円台半ばまで達しているための措置のようです。

その他、同一労働同一賃金を実現するための働き方改革関連法案、継続審議となっている労働基準法改正案などは今国会へは提出されていませんが、重要な法案だけにしっかりと議論していただきたいところです。

とも社会保険労務士事務所 代表 塘 賢三
ホームページ http://tomo-sr.biz


あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
当事務所は多くのみなさまからのご支援により、昨年の12月に設立10周年を迎えることができました。今年からはいよいよ11年目に突入します。これもひとえに、みなさま方のご愛顧とご支援の賜物と深く感謝しております。

2016年は4月に熊本地震が起き、熊本の人にとって非常に過酷な年となりました。海外に目を向けるとイギリスのEU離脱やアメリカのトランプ大統領誕生など、我々日本人にとっても今後の生活に影響する可能性のある、大きな変革のうねりを感じる年でした。

2017年は酉年。「酉」という字は酒つぼを描いたもので、商売繁盛につながる年と言われるそうです。みなさまのご健勝と事業のご発展を心よりお祈りいたします。当事務所では、今年は引き続き事務所レターの発行や、セミナー開催など情報発信強化の年にしたいと思います。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

とも社会保険労務士事務所 代表 塘 賢三
ホームページ http://tomo-sr.biz


事務所について

熊本地震が発生して2か月にあたり、あらためて被災された皆様にお見舞いを申し上げます。

被害の大きかった地域では未だ避難所生活を送られている方も多く、少しでも早く元の生活に近づけることを願っております。

当事務所では被災後の状況から仮事務所に場所を移しておりましたが、先日建物の安全確認がとれたため、元の事務所にて業務を再開いたしました。

一時移転にあたりご不便をおかけいたしましたこと、事務所再開のご報告が遅くなりましたことを深くお詫び申し上げます。また、復旧に向けてあたたかい励ましのお言葉をいただき誠にありがとうございました。

お電話でのご相談や郵便物等ご送付の際は、今まで通り下記までご連絡ください。

とも社会保険労務士事務所
〒862-0957 熊本県熊本市中央区菅原町10-1-3F
TEL:096-202-2209 FAX:096-202-2210

とも社会保険労務士事務所 代表 塘 賢三
ホームページ http://tomo-sr.biz


整体院

こんにちは、はなです。

日曜日に久しぶりに整体に行ってきました。
以前は3か月に1度くらいで整体院に通っていたのですが、最近は1年くらい行けておらず…やっと行くことができました

今回はネットで調べて街のシャワー通りにある整体院に行きました。
街中だけど道を少し入ったところにあるので静かで、店内も落ち着いていてリラックスできました

ストレッチのような動きが多くて、自分ではなかなかできない体勢で筋肉を伸ばすことができたのでよかったです。運動不足なのでけっこう痛かったのですが、力加減を度々確認して調整してくれ、無事に終わりました
かなりこっているのでほぐすのに時間がかかると言われ、選んだコースより時間を多めにしてくださいました…嬉しいような悲しいような

でも体が全体的に伸びた感じがして、気持ちよかったです!
前通っていた整体院はツボ押しがメインだったのですが、今回はマッサージとストレッチが多い印象で、整体にも色々あるんだなあと勉強になりました。
色んな整体を受けてみたいと思います

それから運動をもっとしたいと思います

とも社会保険労務士事務所 ホームページ http://tomo-sr.biz

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。


2016年はマイナンバー制度が本格的に開始します。

人事総務の業務が大きく変わりますので、より細やかなサポートを提供できるよう、職員一同努めてまいります。また今年はセミナーの開催や事務所レターの発行など、情報発信をする年にいたします。

 

皆様にとっても飛躍の一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


とも社会保険労務士事務所 代表 塘 賢三

ホームページ http://tomo-sr.biz




calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM